○西条市油濁被害防止器材管理規程

平成16年11月1日

訓令第76号

(趣旨)

第1条 この訓令は、西条市が設置するオイルフェンス、吸油マット等の油濁被害防止器材(以下「器材」という。)の管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(器材の保管場所)

第2条 器材の保管場所は、港務所及び港湾倉庫とする。

(器材を使用できる者の範囲)

第3条 器材を使用できる者(以下「使用者」という。)は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めた場合は、使用者以外の者であっても、事前に市長の許可を受け、器材を使用することができる。

(1) 西条市消防団

(2) 市内漁業協同組合

(使用者の遵守事項)

第4条 使用者は、器材の取扱いについて細心の注意を払うとともに、次に定める事項を遵守しなければならない。

(1) 吸油マットを使用したとき。油類の流失原因者に使用した規格に相当するものを、速やかに弁償させること。

(2) オイルフェンスを使用したとき。使用後は、速やかに洗浄清掃を行い、市長の点検を受け、市長が再使用が困難と認めたときは、油類の流失原因者に使用した規格に相当するものを弁償させること。

(管理責任者及び備付帳簿)

第5条 市長は、器材の維持管理に当たり、管理責任者を定めるとともに器材管理台帳を備え付けるものとする。

(その他)

第6条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

西条市油濁被害防止器材管理規程

平成16年11月1日 訓令第76号

(平成16年11月1日施行)