○西条市資源リサイクル活動奨励補助金交付要綱

平成17年3月30日

(要)告示第55号

(趣旨)

第1条 この告示は、自主的な資源リサイクル活動(以下「リサイクル活動」という。)を奨励し、ごみの資源化及び減量化を推進するため、リサイクル活動を実施する市内の市民団体(以下「団体」という。)に対し、西条市資源リサイクル活動奨励補助金(以下「補助金」という。)を交付することについて、西条市補助金等交付規則(平成16年西条市規則第40号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象団体)

第2条 補助金の交付対象となる団体は、次の各号のいずれにも該当する団体とする。

(1) 営利を目的としない団体で、かつ、地域住民で構成する団体であること。

(2) 原則として会員が20人以上であること。

(3) 継続したリサイクル活動の実施が見込まれること。

(活動条件)

第3条 補助金の交付対象となるリサイクル活動は、次の各号のいずれにも該当するものとする。

(1) 広く地域住民を対象として実施すること。

(2) 事業活動に伴って生ずる資源ごみを回収の対象としないこと。

(3) 資源ごみは、市内の回収業者に回収させ、又は買上させること。

(4) 回収後の残さは、すべて団体の責任において処理すること。

(5) 回収に係る経費は、すべて団体が負担すること。

(対象品目)

第4条 補助金の対象となる資源ごみの品目は、家庭生活上生じたもののうち、次のとおりとする。

(1) 古紙類(段ボール、新聞紙、雑誌等)

(2) スチール缶

(3) アルミ缶

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が認めるもの

(団体登録等)

第5条 第2条に規定する団体で補助金の交付を受けようとする団体は、資源リサイクル活動団体登録申請書(様式第1号。以下「登録申請書」という。)を市長に提出し、団体登録を行わなければならない。

2 団体登録は、当該年度末まで有効とし、更新しようとする団体は、毎年度当初に登録申請書を提出しなければならない。

(補助金の申請等)

第6条 補助金の交付を受けようとする団体は、資源リサイクル活動奨励補助金交付申請書(様式第2号)に資源ごみ回収買上証明書(様式第3号)を添付して申請しなければならない。

(交付の決定)

第7条 市長は、前条の申請書の提出があった場合は、内容を審査し、適当と認めるときは、予算の範囲内で団体に対し補助金の交付を決定し、資源リサイクル活動奨励補助金交付決定通知書(様式第4号)により、速やかに団体に通知するものとする。

(補助金の請求)

第8条 団体は、前条の通知書を受けたときは、資源リサイクル活動奨励補助金請求書(様式第5号)により、速やかに市長に補助金を請求しなければならない。

(補助金の交付等)

第9条 市長は、前条の請求書を受理した場合は、補助金を交付するものとする。

2 補助金の額は、補助対象資源ごみ1キログラムにつき4円とする。

(指導監督)

第10条 市長は、補助事業の実施に関して、必要に応じて検査し、指示を行い、又は報告を求めることができる。

(補助金の返還等)

第11条 市長は、補助金を受けた団体が、次の各号のいずれかに該当するときは、補助金を返還させ、又は団体登録を取り消すことができる。

(1) 補助金の申請に不正があったとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、不適当と認められる事実があったとき。

(その他)

第12条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年4月1日から施行する。

(資源ごみ集団回収奨励補助金交付規程及び小松町資源リサイクル活動奨励補助金交付要綱の廃止)

2 次の規程等は、廃止する。

(1) 資源ごみ集団回収奨励補助金交付規程(平成4年東予市訓令第2号)

(2) 小松町資源リサイクル活動奨励補助金交付要綱(平成3年小松町制定)

画像

画像

画像

画像

画像

西条市資源リサイクル活動奨励補助金交付要綱

平成17年3月30日 告示第55号

(平成17年4月1日施行)