○西条市港湾施設設置及び管理条例施行規則

平成16年11月1日

規則第145号

(趣旨)

第1条 この規則は、西条市港湾施設設置及び管理条例(平成16年西条市条例第197号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めるものとする。

(使用の手続)

第2条 港湾施設を使用しようとする者は、市長に港湾施設(上屋・野積場)使用許可申請書(様式第1号)を提出しなければならない。

(使用の許可)

第3条 前条の申請書が提出されたときは、市長は、速やかに審査し、適当と認めた場合は、港湾施設(上屋・野積場)使用許可書(様式第2号)を交付しなければならない。

(許可事項の変更)

第4条 使用者が許可事項を変更しようとするときは、速やかに市長の許可を得なければならない。

(使用料の減免)

第5条 条例第12条の規定により、使用料の減免を受けることができるものは、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 国、県及び地方公共団体

(2) 前号に掲げるもののほか、特に市長が必要であると認めたもの

2 使用料の減免を受けようとするものは、理由書を市長に提出しなければならない。

(危険物の表示)

第6条 条例第8条ただし書の規定による市長の許可を得た危険物については、その使用箇所にその物が危険物であることを立札によって明示しなければならない。

(最大荷重)

第7条 上屋内の最大荷重は、1平方メートル当たり5トンとする。

(禁止行為)

第8条 施設内において次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設内で物品の加工をすること。

(2) 遊戯又は人寄せ、若しくは物品の売買をすること。

(3) たき火をすること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、使用目的外に使用すること。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の東予市港湾施設の設置及び管理条例施行規則(昭和46年東予町規則第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

西条市港湾施設設置及び管理条例施行規則

平成16年11月1日 規則第145号

(平成16年11月1日施行)