○西条市西ひうち下水道条例施行規則

平成16年11月1日

規則第138号

(趣旨)

第1条 この規則は、西条市西ひうち下水道条例(平成16年西条市条例第188号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(排水設備の構造基準)

第2条 条例第4条の規定により設置する排水設備の構造及び材料は、別表第1に定める基準によらなければならない。

(排水設備を下水道に固着させる技術基準)

第3条 条例第5条第1号の規定による排水設備を下水道に接続する場合は、取付ますで行い、取付ますの位置は、市が布設した排水管とし、維持管理に支障のないように、次の技術基準によらなければならない。

(1) 汚水を排除するための排水設備は、取付ますの「インバート」上流端の排水孔に管底高がくいちがいの生じないよう、かつ、取付ますの内壁に排水管が突出しないようにし、その周囲をモルタル仕上げとすること。

(2) 前号により難い特別の事由があるときは、市長にその旨、申し出をし、指示を受けなければならない。

(排水設備の内径等)

第4条 条例第6条の規定による排水設備の内径等は、別表第2に定める基準によらなければならない。

2 地下室その他汚水の自然流下が十分でない場所における排除は、ポンプ施設を設置しなければならない。

(排水設備の新設等の申請)

第5条 条例第7条第1項の規定により排水設備の新設等の確認を受けようとするときは、排水設備等新設(増設・改築・撤去・変更)確認申請書(以下「申請書」という。様式第1号)に次に掲げる書類各2通を添え、速やかに市長に提出しなければならない。

(1) 平面図

(2) 構造図

(3) 材料調書

(4) 工事工程表

(確認等)

第6条 市長は、前条の申請書を受理したときは、速やかにこれを審査し、条例及びこの規則に定める基準に合格したときは、排水設備等新設(増設・改築・撤去・変更)確認書(様式第2号)を交付するものとする。

(完了届)

第7条 条例第7条第2項に規定する届出は、排水設備等工事完了届書(様式第3号)によるものとする。

2 市長は、条例第7条第2項の検査の結果、不良と認めた場合は、期間を定めて、改修を命ずることができる。

(排水設備工事の施工技術者)

第8条 条例第8条の排水設備工事について技能を有する者とは、次に掲げる技能を有する者をいう。

(1) 水洗便所を含む給排水設備工事に3年以上従事した経験を有する者

(2) 配管技能士の資格を有する者

(3) 管工事施工管理士の資格を有する者

2 前項のほか、市長が前項各号と同等以上の資格を有すると認めた者とする。

(使用開始等の届出)

第9条 条例第9条の規定による使用開始等の届出は、下水道使用開始(休止・廃止・再開)届書(様式第4号)又は下水道使用変更届書(様式第5号)によるものとする。

(使用料の納期限)

第10条 条例第11条の使用料の納期限は、納入通知書を発送した月の月末とする。ただし、市長が随時に徴収する場合の使用料の納期限は、市長が別に定める日とする。

(使用料の精算)

第11条 使用者が使用料を納入した後において、使用料を追徴し、又は還付しなければならない事由が生じたときは、次回に徴収する使用料でこれを精算する。ただし、市長がこれにより難いと認めたときは、この限りでない。

(使用料の減免の基準等)

第12条 条例第14条に規定する使用料の減免は、次に定めるところによる。

(1) 使用者が、天災その他災害等により、著しい損害を受けたとき。

(2) 前号のほか、特別の事情があるとき。

2 使用料の減免を受けようとする者は、下水道使用料減免申請書(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の申請書の提出があったときは、内容を審査してその可否を決定し、下水道使用料減免(承認・不承認)通知書(様式第7号)により申請者に通知するものとする。

(放流水の水質基準)

第13条 条例第19条の規定による水質基準は、別表第3のとおりとする。

(その他)

第14条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の西條市西ひうち下水道条例施行規則(昭和58年西條市規則第13号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成27年3月17日規則第3号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

種別

排水設備の構造基準

管渠

管渠の構造は、暗渠を原則とする。

ます

1 設置箇所

ますの設置箇所は、暗渠の起点、終点、合流点及び屈曲点又は内経若しくは種類を異にする管渠の接続箇所又は傾斜が著しく変化する箇所に設けること。ただし、掃除又は検査の容易な場所には、枝付管若しくは曲管を用いることができる。

2 間隔

ますは、管渠の直線部においては管径の120倍以下の間隔に設けること。

3 大きさ

ますの大きさは、内径又は内法が20センチメートル以上の円形又は角形とし、管渠の内径及び埋設の深さに従って掃除又は検査に差支えのない大きさとすること。

4 蓋その他

ア ますには密閉蓋を設けること。

イ ますの底部は、これに集合又は接続する管渠の内径及び内法に応じた「インバート」を設け、汚泥が溜らないようにすること。

防臭装置

水洗便器、台所、浴室、洗濯場その他汚水の流出箇所には「トラップ」を取り付けること。

「トラップ」の封水がサイホン作用又は逆圧によって破損するおそれがあると認められるときは、通気管を設けること。

ごみよけ装置

台所・浴室・洗濯場その他汚水の流通を妨げる固型物を排除するおそれの吐口には10ミリメートル目以下の堅牢な「スクリーン」を取り付けること。

ただし、「ディスポーザ」は、取り付けてはならない。

油脂しゃ断装置

油脂類を排除する場所の吐口には油脂しゃ断装置を設けること。

構造及び材料

管渠及びますその他附属装置は、鉄筋コンクリート管、硬質塩化ビニール管、セメントモルタル・コンクリート、煉瓦、石材その他耐水性のものを用い、不浸透耐久構造とすること。

別表第2(第4条関係)

排水人口

(単位・人)

排水管の内径

(単位ミリメートル)

排水渠の断面積

150未満

100以上(勾配100分の2.0以上)

排水人口の区分に応じ、中欄に掲げる内径の排水管と同程度以上の流下能力があり、密閉構造であるもの

150以上300未満

125以上(勾配100分の1.7以上)

300以上600未満

150以上(勾配100分の1.5以上)

600以上

200以上(勾配100分の1.2以上)

(備考) 1の建築物から排除される汚水の一部を排除すべき排水管で延長が3メートル以下のものの内径は、75ミリメートル以上とすることができる。

別表第3(第13条関係)

水質

基準値

水素イオン濃度

5.8以上8.6以下

生物化学的酸素要求量

1リットルにつき10ミリグラム以下

化学的酸素要求量

1リットルにつき15ミリグラム以下

浮遊物質量

1リットルにつき10ミリグラム以下

大腸菌群数

1立方センチメートルにつき3,000個以下

トータル・リン

1リットルにつき2ミリグラム以下

画像

画像

画像

(平27規則3・一部改正)

画像

(平27規則3・一部改正)

画像

画像

画像

西条市西ひうち下水道条例施行規則

平成16年11月1日 規則第138号

(平成27年4月1日施行)