○西条市大日源泉使用条例

平成16年11月1日

条例第180号

(趣旨)

第1条 この条例は、温泉源泉の管理及び市民の福祉の向上及び健康の増進並びに地域活性化に資するなど、市政に貢献する施設への温泉の適正な供給に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 西条市大日温泉源泉として、次の施設を設ける。

(1) 名称 大日源泉

(2) 位置 西条市小松町新屋敷乙58番地1

(供給の原則)

第3条 西条市が設置する温泉施設、福祉保健施設等の運営に必要と認める温泉の湯量及び温度を優先確保し、なおこれに残量がある場合には、その範囲内において、これを市内の社会福祉法人、医療法人、民間等に適正に供給することができる。

(一般への供給)

第4条 前条の規定による温泉の供給を行った上で残量がある場合は、市長が別に定めるところにより、一般に供給することができる。

(供給の条件)

第5条 第3条の規定により温泉の供給を受けることができるものは、市内の社会福祉法人、医療法人、民間等で、市民の福祉の向上、健康の増進及び地域活性化に貢献する施設であって、業態が優良であると認められるものとする。

(供給許可)

第6条 前条に規定する供給の条件を備えたもので、温泉の供給を受けて使用しようとするものは、市長の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更する場合も同様とする。

2 市長は、前項の許可に当たり条件を付すことができる。

(許可期間)

第7条 前条の許可の期間(以下「許可期間」という。)は5年とする。ただし、第13条の規定に違反しない限り、市長はその許可を更新することができる。

(使用料)

第8条 使用料は、100リットル当たり67円以内において、市長が定める。

2 市長は、公益上その他特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(供給量の制限)

第9条 市長は、天災地変、温泉施設の工事その他やむを得ない理由があるときは、温泉の供給量及び供給時間を制限し、又は供給を停止することができる。この場合において、第7条の許可を受けて温泉の供給を受ける者(以下「使用者」という。)が損害を受けても市長は賠償の責任を負わない。

2 第3条の残量に減少をきたしたときは、各使用者の使用料により按分して供給する。

(使用権の承継)

第10条 条例第6条の許可を受けた者が、使用権を承継しようとするときは、次に掲げる場合を除くほか、新たに第6条の規定により、許可を受けなければならない。

(1) 相続により、権利を取得したとき。

(2) 法人の合併により、権利を承継したとき。

(使用の休止及び廃止)

第11条 使用者は、温泉の使用を休止し、又は廃止しようとするときは、あらかじめ期日を定めて市長に届け出なければならない。

(行為の禁止)

第12条 使用者は、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 供給を受ける温泉を許可目的以外に使用すること。

(2) 供給を受ける温泉を担保その他権利の目的とすること。

(3) 相続により権利を取得したとき、又は法人の合併により権利を承継したときを除くほか、その使用権を譲渡すること。

(工事費の負担)

第13条 温泉を供給するために必要な施設は、使用者において設置するものとし、当該工事を施工するときは、設計書及び仕様書を市長に提出し、その承認を受けなければならない。

2 前項の施設がしゅん工したときは、市長の検査を受けなければならない。

3 市長は、前項の施設について、改修の必要があると認めるときは、使用者に対して工事の施工を命ずることができる。この場合の工事に要した費用は、使用者の負担とする。

(供給の停止等)

第14条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、温泉の供給を停止し、又は温泉の供給許可を取り消すことができる。

(1) 第11条の規定に違反したとき。

(2) 長期に休業し、又は廃業したとき。

(3) 使用料を使用月の翌月末までに納付しなかったとき。

(4) 前3号に掲げる場合のほか、市長が温泉の供給の停止又は供給許可の取消しを必要と認めたとき。

2 前項の規定により温泉の供給を停止され、又は供給許可を取り消されたことにより使用者が損害を受けても、市は賠償の責を負わない。

(立入調査)

第15条 市長は、温泉の供給について必要があると認めるときは、温泉使用の場所に立ち入らせ、温泉の使用状況を調査することができる。

2 前項の規定により立入調査をする場合は、当該職員は、温泉立入調査員証を携行し、使用者に提示しなければならない。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の小松町温泉管理条例(平成12年小松町条例第20号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

西条市大日源泉使用条例

平成16年11月1日 条例第180号

(平成16年11月1日施行)