ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 改元に伴う日付の読替えをお願いします

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


改元に伴う日付の読替えをお願いします

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月15日更新

市が発送する文書

 納税通知書や国民健康保険の被保険者証など、市の文書では従来から元号を使用しています。
 平成31年4月1日に新しい元号が「令和」と公表され、5月1日の改元後に市が発送する文書では、5月1日以後の日付の元号を原則として「令和」と表記しますが、市の文書の中には発送スケジュールの都合などから、日付や年度が「平成」の表記になっているものがあります。
 このような文書でも、法律上の効果は変わりませんので、有効なものとして取り扱い、改元を理由とした文書の再発行は行いません。お手数ですが、たとえば「平成31年(度)」を「令和元年(度)」とするなど、日付を読み替えてください。
 また、改元前に市が発送した文書につきましても、同様に文書の再発行は行いません。
 ご理解とご協力をお願いします。

市への申請などの文書

 市民の皆さんが市に申請などを行う場合に、申請書などの日付が「平成」の表記になっていても、有効なものとして受け付けます。

読み替え例等のイメージ