ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

<届出・登録・証明>住民登録

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

住民登録

 住民異動の届出の際、本人になりすました第三者の不正な届出を防止するため、住民基本台帳法により窓口に来られた方(代理人を含む)の本人確認が義務付けられています。

 西条市においても運転免許証やマイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード(住基カード)などで本人確認を実施しています。
 また、代理人の方は、代理権限の確認できる書類(委任状等)も必要です。なお、異動者と同じ世帯の方が代理人の場合、委任状は不要です。

(リンク)本人確認書類について

転入届

期限転入した日から14日以内
必要なもの

印鑑(スタンプ式印は不可)、転出証明書(前住地で発行)、通知カードまたはマイナンバーカード、住基カード(お持ちのかたのみ)、年金手帳(加入者のみ)、介護保険証(該当者のみ)など

注意事項引っ越しをする前に転入届をすることはできません。

転出届

期限転出する前
必要なもの

印鑑(スタンプ式印は不可)、国民健康保険証(加入者のみ)、介護保険証(該当者のみ)、各種受給者証(該当者のみ)、印鑑登録証(登録者のみ)など

注意事項

転出証明書を発行しますので、新しい住所地で転入の手続きをしてください。

転居届

期限転居した日から14日以内
必要なもの

印鑑(スタンプ式印は不可)、通知カードまたはマイナンバーカード、住基カード(お持ちのかたのみ)、国民健康保険証(加入者のみ)、介護保険証(該当者のみ)、各種受給者証(該当者のみ)など

注意事項引っ越しをする前に転居届けをすることはできません。

世帯変更届

期限世帯主等が変更した日から14日以内
必要なもの

印鑑(スタンプ式印は不可)、国民健康保険証(加入者のみ)など

問い合わせ先

・西条市役所 市民環境部 市民生活課 市民係
 TEL:0897-52-1211

・西条市役所 東予総合支所 市民福祉課 市民保険係
 TEL:0898-64-2700

・西条市役所 丹原総合支所 市民福祉課 市民福祉係
 TEL:0898-68-7300

・西条市役所 小松総合支所 市民福祉課 市民福祉係
 TEL:0898-72-2111

住民基本台帳ネットワークシステム

 住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)は、住民基本台帳をネットワーク化し、全国共通の本人確認ができるシステムです。

住民票の写しの広域交付

 全国どこの市町村でも、本人や世帯の方の住民票の写し(戸籍の表示を省略したもの)の交付が受けられます。ただし、交付の際、本人の確認ができる書類(マイナンバーカードまたは住基カードの場合は、暗証番号の入力が必要です。また、運転免許証等官公署発行の顔写真付きのもので、表面記載事項が現在の住民登録と一致しているものの提示)が必要です。

転入届の特例

 転出される方の中に、マイナンバーカードまたは住基カードをお持ちの方がいる場合は、原則転出証明書は交付されません。ただし転出の届け出は必要です。

転出手続時の注意点

 窓口にてマイナンバーカードまたは住基カードの交付を受けている旨をお伝えください。転出届の提出期間は転出予定日の14日前、転出後であれば転出日から14日以内です。

転入手続時の注意点

 窓口に必ずマイナンバーカードまたは住基カードを持って、暗証番号を入力していただきます。同一世帯の方であれば手続きは行えます。転入届の提出期間は転入日から14日以内、または転出予定日から30日以内のいずれか早い日です。
 転入先に申し出ることにより、転入後もマイナンバーカードまたは住基カードを継続して利用する事ができます。
※電子証明書の継続利用はできません。

住民基本台帳カード(住基カード)

 住基カードの交付は、平成27年12月で終了しました。終了までに交付された住基カードは、原則として有効期限まではご使用できますが、住基カードとマイナンバーカードの両方を所有することはできません。

 住基カードに電子証明書を搭載することも平成27年12月で終了しました。原則として電子証明書は、有効期限まではご利用できますが、住基カードに搭載された電子証明書の更新は、平成28年1月以降行うことができません。マイナンバーカードに搭載することになります。ご注意ください。

(リンク)マイナンバーについて

国の行政機関等に対する本人確認情報の提供

 各種年金等継続的に行われる給付行政、建設業の許可、パスポートの申請等、国民に関係の深い行政事務で、住民基本台帳法に定められた事務について、国の行政機関等に本人確認情報が提供されます。これにより、今まで提供していた年金の現況届、住民票の写しの提出等が不要になります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)