ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 生活保護 > 生活困窮者自立相談支援事業

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


生活困窮者自立相談支援事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月1日更新

 働きたくても働けない、住むところがないなど生活全般にわたる困りごとの総合相談窓口である「西条市自立相談支援センター」が平成27年4月から開設されました。

 当センターでは、一人ひとりの状況に合わせたプランを作成し、専門の支援員が相談者に寄り添いながら、さまざまな専門機関と連携して問題解決に向けた支援を行います。

支援の概要

支援対象

  • 仕事・住まい・健康・障がい・家族関係など、生活全般の問題を抱えている方であればどなたでも相談できます。
  • 年齢に制限はなく、相談は無料です。
  • 近隣で生活に困窮されている方の情報についても相談できます。
  • 相談者の声を聞きながら相談者と相談支援員が一緒になって自立のために取り組んでいきます。

相談事例

  • 働いてみたいけど自信がない。
  • 今度の給料日までに生活費が足りるか不安である。
  • 毎月赤字で貯金を切り崩して生活しているが、このままでは底をつきそうだ。
  • どこに相談すればいいかわからない。  など

相談・支援の流れ


 1 西条市自立相談支援センターへご相談ください。なるべく電話連絡をしてから来所してください。

   生活・仕事・心身のこと など、抱えている悩みを相談員が伺います。

 2 相談の内容から適切な支援方法を判断し、他制度の窓口等を紹介、継続的な支援が必要な場合は問題解決に

   向けたプランを相談員と一緒に作成します。

 3 プランが適切であるかどうか複数の関係者が参加する支援調整会議において確認・調整します。

 4 プランに基づき、相談員と一緒に問題解決をめざします。

生活困窮者自立支援制度のイメージ図

西条市自立相談支援センター

相談時間

 8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始の休日を除く)

  • 相談室(個室)でお話を伺います。
  • 相談に来られない方は、直接出向いて相談することも可能です。
  • 一人で悩まずご相談ください。秘密は厳守します。

相談場所

西条市明屋敷164 西条市役所本館1階 社会福祉課内

  西条市自立相談支援センター

  Tel:0897-53-0870  Tel:0120-506-870(フリーダイアル)

西条市周布606-1 東予総合福祉センター1階 西条市社会福祉協議会本所内

  西条市自立相談支援センター

  Tel:0898-64-2600

支援内容

自立相談支援事業

 生活に困窮されている方からの相談を受け、以下の業務を行います。

  • 生活困窮者の抱えている課題を整理し、そのニーズを把握。
  • ニーズに応じた支援が、計画的かつ継続的に行われるよう支援計画を策定。
  • 支援計画により、各種支援が包括的に行われるよう関係機関との連絡調整を実施。

住居確保給付金事業

 離職者であって就労能力および就労意欲のある方のうち、住宅を喪失している方または喪失するおそれのある方を対象として住宅費を支給するとともに、就労支援等を実施し住宅および就労機会の確保に向けた支援を行います。

  • 住宅費は3カ月間を原則とし、世帯人数に応じて上限額があります。
  • 主な要件は、65歳未満で離職後2年以内であり、世帯人数に応じた収入・資産要件に該当する方。
  • 転居に関する一時的な資金(敷金・礼金等)は支給の対象となりません。

住居確保給付金事業 [PDFファイル/190KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)