ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会福祉課 > 災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協定を締結しました

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協定を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月16日更新

災害協定を締結しました

 平成27年2月20日、市内の特別養護老人ホームや障がい者支援施設などを運営する17法人(社会福祉法人、医療法人、社会医療法人)と「災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を締結しました。

 この協定は、大規模災害時において、通常の避難所では、生活に支障があり特別な配慮を必要とする高齢者や障がい者などの要配慮者が避難生活を送ることができるようご協力いただくものです。

 今回の協定の締結により、福祉避難所はこれまでの8施設と合わせて市内に32施設となり、災害発生後に状況に応じ開設、運営されることとなります。

 ※福祉避難所は、災害発生時に、小学校、公民館等の避難収容施設での生活に支障があり、特別な配慮を必要とする人を受け入れるため、避難所等の状況を判断したうえで開設することとなっています。

協定式写真