ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 高齢者 > 「コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援」を実施します

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


「コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援」を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月8日更新

スマートシティ構築トライアル事業
「コミュニケーション・ロボットを活用したゆるやかな高齢者への見守り支援」                         SMART SAIJO ~ 支援・見守り・安心・ロボット・つながり ~ 

  西条市では、市内在住の高齢者と市外在住のご家族とのコミュニケーションツールとして、見守りロボットを設置し、双方の様子を確認できることで、離れて暮らす家族の様子が分かり、一人暮らしの不安を解消し、安心・安全な生活を確保するとともに住みやすさを実感していただける事業を実施します。これは、高齢者宅に最新の音声認識AIを内蔵した見守りロボットを設置し、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を通じて、音声や写真等の情報をやり取りするとともに、親しみやすい形状と音声で、ストレスなく、ゆるやかに高齢者を見守るものです。

1.見守り機能

 ロボットが朝昼夕の1日3回、高齢者の写真(室内の温度、湿度表示)を撮ってご家族に送ります。ご家族は、スマートフォンやパソコンで、時間、場所を気にせず内容を確認することができます。
 ケアマネジャー等、ご家族以外の人も見守りに参加することができますが、プライバシーに配慮して、家族間の写真や音声メッセージ等のやり取りは確認できません。

2.コミュニケーション機能

 ご家族から、高齢者にビデオや写真、音声メッセージを送ることができるほか、高齢者からも写真や音声メッセージを送ることができます。

3.音声リクエスト機能

 ロボットに話しかけると、天気やニュース、時間など、最新の情報を答えてくれます。

 ※見守りロボットによるサービスイメージ [PDFファイル/472KB]

                                                                       見守りロボット

                                                                        見守りロボット ( PaPeRo i )

実施期間

平成30年7月1日(日曜日)~ 9月30日(日曜日)  3ヵ月間

対象者

市内在住の高齢単身世帯または高齢者のみの世帯と市外在住のご家族

検証

今年度は、平成31年度以降の本格実施を見据えたトライアル(実証実験)と位置付けて実施し、その効果や有用性を検証します。

 

高齢者向けマニュアル [PDFファイル/438KB]

パソコンモニターと見守りロボット    見守りロボットと利用者

   

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)