ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 老後・介護 > 平成30年度介護保険制度改正における利用者負担割合変更のお知らせ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


平成30年度介護保険制度改正における利用者負担割合変更のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月2日更新

 平成30年8月1日より変更になりました

現役並みの所得のある方はサービスを利用する時の負担割合が3割になります

 利用者負担について、これまでは1割または2割でしたが、65歳以上の方のうち現役並みの所得のある方は、3割負担になります。

 要支援・要介護認定を受けている被保険者に各自の負担割合(1割・2割・3割)を記載した「介護保険負担割合証」を7月に送付しております。介護サービスを利用される際に、介護保険被保険者証と併せてサービス提供事業所に提示してください。

 

平成30年8月1日から適用される利用者負担割合

本人が市民税を課税されている場合

本人の合計所得金額が220万円以上

下記以外の場合

3割負担

同一世帯の65歳以上の方の年金収入+その他の合計所得金額が

単身は340万円未満

2割負担

2人以上は合計463万円未満

2割負担

本人の合計所得金額が160万円以上220万円未満

下記以外の場合

2割負担

同一世帯の65歳以上の方の年金収入+その他の合計所得金額が

単身は280万円未満

1割負担

2人以上は合計346万円未満

1割負担

本人の合計所得金額が160万円未満

1割負担

本人が市民税を課税されていない場合、生活保護受給者、2号被保険者

1割負担

※「合計所得金額」とは、収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額をいいます。

 

詳しくは、厚生労働省発行のリーフレットをご覧ください

お問い合わせ

西条市役所 高齢介護課 介護認定給付係
電話:0897-52-1423


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)