ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 高齢介護課 > 住み慣れた地域で生活するためのサービス

住み慣れた地域で生活するためのサービス

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月15日更新
福祉・介護

加齢に伴う障害が生じても
住み慣れた地域で生活するためのサービス


独居高齢者ネットワーク事業

見守り推進員による独居高齢者の安否確認の実施をします。


ぬくもりボランティア活動

社会福祉協議会が行う、ぬくもりボランティア(点数制により安価な価格で介護、家事、話し相手等をする)の支援をします。


緊急通報体制等整備事業

独居高齢者が緊急時に隣人等への通報が可能な機器の貸与等をします。


食の自立支援事業

買い物や調理が困難な65歳以上の独居等で、見守りが必要な方に対してお弁当の配達と安否確認をします。


軽度生活援助事業

独居または高齢者のみの世帯で、身近に援助してくれる方がいない方に対して、介護保険サービスの対象とならない日常生活上の援助をします。(1回あたりの利用は2時間までで月2回まで可)


独居高齢者友愛郵便事業(ひまわり郵便)

満80歳以上の見守りが必要な独居高齢者に対し、さまざまな情報を入れた「ひまわり郵便」を送ります。


日常生活用具給付事業

おおむね65歳以上の独居の方などで、防火の配慮が必要な方等に対して自動消火器・電磁調理器を給付します。(所得制限あり)


お問い合わせ

保健福祉部 高齢介護課 長寿・いきがい対策係
電話:0897-52-1292

東予総合支所 市民福祉課
電話:0898-64-2700(代表)

丹原総合支所 市民福祉課
電話:0898-68-7300(代表)

小松総合支所 市民福祉課
電話:0898-72-2111(代表)