ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 妊娠・出産 > 国民健康保険制度 出産育児一時金の支給について

国民健康保険制度 出産育児一時金の支給について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

出産育児一時金の支給について

 国保に加入している方が出産したとき、42万円(産科医療補償制度未加入施設での出産の場合は、平成26年12月までは39万円、平成27年1月からは40.4万円)が支給されます。
 妊娠85日以降であれば、死産・流産でも支給されます。
 市役所担当課窓口で申請してください。
 ただし、ほかの健康保険から支給される場合は、国保からは支給されません。

 なお、現行制度では、出産費の一時的な支払いを軽減するため、出産育児一時金を西条市から医療機関等へ直接支払う制度を利用することが原則になっています。

 手続きについては、出産予定の医療機関等にお問い合わせください。

【関連】

戻る