ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国保医療課 > 未熟児への医療費助成

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


未熟児への医療費助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 医療を必要とする未熟児に対して、その治療に必要な医療費を市で負担する制度です。

対象者

 西条市に居住する次のいずれかの症状に該当する未熟児で、入院して養育を受ける必要があると医師が認めた乳児(満1歳未満)が対象です。

・出生時の体重が2000グラム以下のもの

・生活力が特に薄弱で、次に掲げるいずれかの症状を示すもの

  1. 一般状態
     (ア) 体温が摂氏34度以下
     (イ) 運動が異常に少ない
     (ウ) 運動不安、けいれんがある
  2. 呼吸器、循環器系
     (ア) 強度のチアノーゼが持続するまたは、チアノーゼ発作を繰り返す
     (イ) 呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、また、毎分30以下である
     (ウ) 出血傾向が強い
  3. 消化器系
     (ア) 生後24時間以上排尿、排便がない
     (イ) 生後48時間以上嘔吐が持続している
     (ウ) 血性吐物または血性便がある
  4. 黄疸
     生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸がある

申請に必要なもの

  • 医師の意見書
  • 母子手帳
  • 医療保険証(乳児のもの)
  • こども医療受給者証(交付を受けている場合)
  • 印鑑(スタンプ印不可)
  • 課税証明書(他市町村から転入され、西条市で課税状況を確認できないかた)
  • 個人番号(マイナンバー)を確認できるもの(保護者・こどものもの)
    ※個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票の写し。なお、これらの提示が難しい場合は窓口にその旨を申し出てください

※申請は、乳児が入院している期間に行ってください。

助成内容

 市が交付する医療券を医療機関で提示することで、医療費自己負担額の一部または全部が助成されます。