ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


特定不妊治療費の助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月18日更新

  西条市では、不妊に悩んでいる方を支援するために、少子化対策の一環として県が行っている「特定不妊治療費助成」に加えて治療費の一部を助成しています。

助成制度の概要

条件

以下のすべての要件を満たす方

  • 西条市に1年以上住んでいる法律上の夫婦
  • 市税などの滞納がない方
  • 愛媛県の特定不妊治療助成対象と認められた方

 

対象となる治療

  • 県が指定する医療機関において行われた特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
  • 男性不妊治療

助成の額

1回の治療につき、5万円まで

(ただし、県からの助成金を引いた金額で治療費の範囲内)

申請について

治療が終了した年度内に西条市中央保健センターへ申請してください。

申請に必要な書類など

  • 県から送付された承認決定通知書
  • 県に提出した受診等証明書のコピー
  • 印鑑(1人で申請手続きをする場合は、夫婦それぞれ別の印鑑が必要)
  • 振込み先の金融機関の口座番号等がわかるもの

お問い合わせ

中央保健センター 電話:0897-52-1215