ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康医療推進課 > 8月は「食品衛生月間」です

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


8月は「食品衛生月間」です

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月10日更新
 県では、8月を「愛媛県食品衛生月間」と定め、食中毒事故の防止と衛生管理の向上を図るため、食品衛生思想の普及・啓発を推進しています。
 食中毒は、外で食べる食事だけでなく家庭でも発生しています。食中毒予防3原則で、しっかりと予防しましょう。

予防するには!

●つけない

手や食材、まな板などはこまめに洗い消毒しましょう。肉、魚の汁がほかの食品や調理器具につかないようにしましょう。

●増やさない

食べ物は室温に放置せず、低温で保存しましょう。また、冷蔵庫は詰め込みすぎず7割程度にしましょう。食事は、調理後早めに食べましょう。冷たい料理は冷たいまま(10℃以下)、温かい料理は温かいうちに(65℃以上)食べましょう。

●やっつける

肉は中心部まで十分に加熱しましょう。電子レンジの加熱は均等になるようにしましょう。肉や魚はもちろん野菜なども加熱して食べると安全です。
問合せ先
 愛媛県西条保健所 生活衛生課
 西条新居浜地区食品衛生協会
 電話 0897-56-1300 (代)