ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


3歳児健康診査

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

 3歳児健康診査は、集団生活を行うのに必要な社会性や基本的な生活習慣、言葉、運動などの発達を確認する大切な健康診査です。
 発育や発達には個人差がありますが、発育や成長を確認し、育児についての疑問や不安などどんなことでも相談してみるよい機会です。
 対象になるお子さんを持つ保護者の方は、3歳児健康診査アンケート1・2にご記入の上、必ず受診しましょう。

対  象西条市に住民票がある、3歳2か月以上4歳未満のお子さん(満3歳から受診可能です)
内  容身体計測、内科診察、歯科診察、育児相談、栄養相談、歯みがき相談、視覚スクリーニング検査(◆)
持ってくる物

母子健康手帳、必要事項を記入した3歳児健康診査アンケート1・2

※3歳児健康診査アンケート2には、視力・聴力検査があります。事前に検査を行い、お持ちください。

場  所

西条地区 : 中央保健センター
東予・丹原・小松地区 : 東予保健センター

※日程については、乳幼児健康診査 日程表 [PDFファイル/99KB]でご確認ください。今年度より、対象月を3歳2か月に変更しています。  
※ 該当地区外で受診される場合は必ずご連絡ください。
※ 天候等により、中止となる場合があります。詳細はお問合せください。

◆視覚スクリーニング検査とは?

視覚

【特徴】近視・遠視・乱視などの屈折異常や屈折の左右差、瞳孔不同、斜視などを瞬時に発見できます。

【検査方法】抱っこされた状態のまま、カメラで写真を撮られる感覚で1分もかからずに検査できます。

【3歳児健康診査で行う意義】子どもの視力が発達する時期は3~5歳がピークで、6歳頃には成人とほぼ同等になると言われています。この時期に屈折異常や斜視などの問題があり、正常な視覚刺激が入ってこない場合、視力が正常に発達せず、弱視となってしまうことがあるため、早期に発見し、適切な治療を行うことが重要です。そのため、当市では、ちょうどこの時期にあたる3歳児健康診査時に検査を実施し、視覚異常の早期発見に努めます。もし、視覚異常が疑われる場合は、専門機関を紹介します。                                                                     



  

お問い合わせ

中央保健センター TEL 0897-52-1215

東予保健センター TEL 0898-64-5333

 

場所を「地図でさがす」で確認


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)