ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・救急 > 救急 > 西条市休日夜間急患センター

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


西条市休日夜間急患センター

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

西条市休日夜間急患センターは、市民の皆さんが安心して暮らせるよう、休日や夜間の1次救急医療の中心的な役割を担います。(平成24年完成)

西条市救急夜間急患センターの写真

※この施設整備費には、木材利用を促進することを目的とした愛媛県森林環境税が活用されています。また、使用されている木材は、愛媛県産(主に西条市産)のスギ・ヒノキです。

開設者および管理運営

【開設者】西条市長

【管理運営】西条市医師会

診療科目・診療時間等

 休日や平日夜間の急病やけがなどで、比較的症状の軽い方を対象にした診療を行います。

診療科目内科、外科
診療時間平日夜間(月曜~土曜):19時~22時(内科・外科(土曜のみ))
休日昼間(日曜・祝日):9時~18時(内科・外科)
休診日年中無休(ただし8月15日・16日、10月15日・16日は臨時休診)

※平日夜間の外科診療については、市内各医療機関による在宅当番医制で実施します。
受診される方は、広報さいじょうホームページまたはテレホンサービスで当番病医院をご確認ください。

 バナー 当番病医院当番病医院のご案内

・当番病医院テレホンサービス  電話:0897-58-2200

所在地

〒793-0066 西条市野々市40番地1

受診をされるときのお願い

  • 受診時に次のものを持ってきてください。
    保険証、各種受給者証(乳幼児医療受給者証や重度心身障害者医療受給者証など)、老人手帳や糖尿病手帳など医療情報が記載されたもの、お薬手帳
  • 急患センターは、休日や夜間の急病やけがに対して診療を行う施設ですので、緊急性のない安易な受診(いわゆるコンビニ受診)はお控えください。
  • 急患センターは、限られた医療スタッフで運営をしています。インフルエンザ等の流行時には、待ち時間が長くなる可能性があることをあらかじめご了承ください。
  • 急患センターは、軽症患者に対して診療を行う施設です。重症の場合は、二次救急病院を受診しましょう。二次救急当番病院については、当番病院テレホンサービス(0897-58-2200)に電話で確認いただくか、えひめ医療情報ネットをご覧ください。
  • 急患センターには、応急処置を行うための医療機器や医療材料、医薬品を置いていますが、基本的にはかかりつけ医などの医療機関における通常診療時間帯と同様の精密検査や十分な処置には対応していません。症状が軽く落ち着いている場合には、できるだけ通常診療時間の受診を心がけましょう。
  • 施設の性質上、当番医の氏名や専門科に対するお問い合わせにはお答えできません。
  • 投薬は最低日数分となります。
  • 全国的な医師不足が加速しています。医師の負担を軽減するためにも、適切な救急医療の受診をお願いします。

お子さんの急な発熱やケガでお困りの際は

看護師や医師などが家庭での応急対処の方法などについてアドバイスを行う、小児救急医療電話相談をご利用ください。

  • 短縮ダイヤル(固定電話プッシュ回線・携帯電話) #8000
  • ダイヤル回線 089-913-2777

利用できる時間帯

毎日 19時~翌朝8時

お問い合わせ

西条市休日夜間急患センター(診療時間中)
電話:0897-52-2001

西条市役所 保健福祉部 健康医療推進課(総合福祉センター内)
電話:0897-52-1395