ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 補助・助成 > 子育て・教育 > 妊婦一般健康診査受診票の交付(妊娠中の健診費用を助成しています)

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


妊婦一般健康診査受診票の交付(妊娠中の健診費用を助成しています)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

 市は、妊娠中に受ける14回の健診についてその費用を助成しています。妊婦健診を受けることで、妊娠中に起こりやすい病気などに早く対応することができます。妊婦さんと赤ちゃんの健康を守るため健診を受けましょう。

 保健センターに妊娠届け出書を提出された方には、母子健康手帳と一緒に妊婦一般健康診査受診票(14枚)を交付しています。

対   象西条市に住民票がある妊婦さん
交付窓口各保健センター
助成方法

愛媛県内の医療機関・助産所を受診する場合

受診時に「妊婦一般健康診査受診票」を医療機関・助産所へ提出してください。

※注意事項
妊婦健康診査費が助成上限額を超える場合、超過金額についてはご本人の負担となります。
医療保険適用外の費用が対象です。
西条市外へ転出された場合は使用できません。(転出先の市町村にお問い合わせください)

県外の医療機関・助産所を受診する場合

・県外の医療機関などの窓口では受診券が使用できません。
・費用の全額を医療機関の窓口で支払っていただき、保健センターに払い戻しの申請をしていただくことにより、公費負担分の費用をご本人に払い戻しします。
・出産後6カ月以内に申請してください。

※必要なもの
母子健康手帳
西条市で発行した未使用の妊婦一般健康診査受診票
本人名義の銀行口座の分かるもの
印鑑(シャチハタ不可)
医療機関が発行した領収書(レシート不可)

  • 西条市外に転出される方へ
     住民票を西条市外に移された場合は、西条市の妊婦一般健康診査受診票を使用することはできません。
    新しい住所地の市町の担当窓口に西条市が交付した受診票をお持ちになり、交付の手続きをしてください。
  • 西条市外から転入された方へ

お問い合わせ

中央保健センター TEL 0897-52-1215

東予保健センター TEL 0898-64-5333

丹原保健センター TEL 0898-68-7345

小松保健センター TEL 0898-72-2269 

場所を「地図でさがす」で確認