ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康医療推進課 > 熱中症を予防しましょう

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


熱中症を予防しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月15日更新

熱中症予防のために

暑さを避けましょう

室内では

 ◇扇風機やエアコンで温度を調節

 ◇遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用

外出時には

 ◇日傘や帽子の着用

 ◇日陰の利用、こまめな休憩

 ◇天気の良い日は、日中の外出をできるだけ控える

からだの蓄熱を避けるために

 ◇通気性の良い、吸湿性、速乾性のある衣服を着用する

 ◇保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

 

熱中症が疑われる人をみかけたら

涼しい場所へ

 ◇エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

からだを冷やす

 ◇衣服をゆるめ、からだを冷やす

水分補給

 ◇水分・塩分、経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)などを補給

 

自分で水が飲めない、意識がない場合は急いで救急車を呼びましょう!

 

ご注意ください

暑さの感じ方は、人によって異なります

 ◇その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気を付けましょう。

高齢者や子ども、障がい者・障がい児は、特に注意が必要です

 ◇熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。

 ◇子どもは体温の調整能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。

節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください

 ◇気温や湿度の高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

 

 

熱中症関連情報

厚生労働省 熱中症予防パンフレット

熱中症予防 [PDFファイル/770KB]

 

気象庁 熱中症から身を守るために

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/netsu.html

 

環境省 暑さ指数(WBGT)予報

http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php

涼しい

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)