ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・土地 > 新築・建替え・耐震診断 > 要安全確認計画記載建築物に係る耐震診断結果の公表

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


要安全確認計画記載建築物に係る耐震診断結果の公表

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月30日更新

建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づき、西条市内の要安全確認計画記載建築物の耐震診断結果を公表します。

 要安全確認計画記載建築物の耐震診断結果の公表 [PDFファイル/120KB]

※施設の安全性については、下記ページを確認ください。

 西条市内公共施設の耐震化状況について


≪参考:耐震診断とは≫

既存建築物の地震に対する安全性を評価するのが耐震診断です。

 □構造体力上主要な部分の地震に対する安全の評価区分(I~III)は次のとおりです。

  • I 地震の振動および衝撃に対して倒壊し、または倒壊する危険性が高い。
  • II 地震の振動および衝撃に対して倒壊し、または倒壊する危険性がある。
  • III 地震の振動および衝撃に対して倒壊し、または倒壊する危険性が低い。

震度6強から7に達する程度の大規模の地震に対する安全性の評価を示します。いずれの区分に該当する場合であっても、違法に建築されたものや劣化が放置されたものでない限りは、震度5強程度の中規模地震に対しては、損傷が生ずるおそれや倒壊するおそれは少ないとされています。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)