ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住まい・土地 > 空き家 > 【受付終了】平成30年度 老朽危険空家除却事業のご案内

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


【受付終了】平成30年度 老朽危険空家除却事業のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月12日更新

老朽危険空家の除却にかかる費用の一部を補助します

 西条市では、老朽化して倒壊等のおそれのある危険な空家の除却を促進し、地域の住環境の向上を図るため、老朽危険空家の除却にかかる費用の一部を補助します。

お知らせ

 平成30年度の事前調査申込の受付は終了しました。

対象となる空家(下記の条件をすべて満たすもの)

 (1)現に使用されておらず、かつ、今後も居住の見込のない老朽危険住宅(住宅に附属する納屋、車庫等を含む。)
 (2)市内にある住宅
 (3)公共工事による移転、建替えその他の補償の対象となっていないこと。
 (4)危険度判定の結果、基準を満たすもの(市で定めた基準に基づき、職員が現地調査を行い判定します。)
 (5)倒壊した場合、道路や隣地に悪影響を及ぼすもの

道路に悪影響を及ぼす建物の例

 

補助対象者(下記の条件をすべて満たす方)

 (1)老朽危険空家の所有者、所有者の相続人、所有者または所有者の相続人から除却について同意を得た方
 (2)市税を滞納していないこと。(補助対象者と同一世帯の方にも市税の滞納がないこと。)

 注)補助対象空家に所有権以外の権利の設定がある場合において、当該権利者から補助対象空家の除却についての同意が得られない方は、補助対象者にはなれません。

対象となる工事(下記の条件をすべて満たす工事)

 (1)建設業の許可または解体工事業の登録を受けた者に請け負わせる除却工事であること。
 (2)市内に事業所を有する建設業者または解体工事業者による工事であること。
 (3)建築物のすべてを除却する除却工事であること。
 (4)地下埋設物(建築物の基礎、給水・排水等の配管、浄化槽)の除却を行うこと。
 (5)他の制度等による補助金の交付を受けようとする工事でないこと。
 (6)補助金の交付の決定後に着手する予定の工事であること。
 (7)不動産売買、不動産貸付または駐車場貸付を業とする者が当該業のために行う工事でないこと。

補助金について

補助対象経費

 (1)除却工事に要する経費
 (2)除却に伴い発生する産業廃棄物の処分費

 注)次の経費は、補助対象経費とはなりません。
  ・家財道具、機械、車両等の処分費
  ・給水管、排水管等の配管、浄化槽の除却および処分にかかる費用
  ・樹木を除却した場合において、当該除却および処分にかかる費用

補助金の額

 補助対象経費(消費税および地方消費税の額を除く。)の5分の4以内で上限80万円
補助金の額について

代理受領制度

 老朽危険空家除却にかかる費用から補助金額を差し引いた額を申請者が業者に支払い、補助金は市から業者に直接支払う制度です。
 申請者が除却費用全額を支払う必要がないため、申請者の負担が軽減されることになります。

受付期間と募集戸数について

 受付期間 :平成30年5月9日(水曜日)から平成30年6月29日(金曜日)

 募集戸数 :10件(老朽化して倒壊などの恐れがある危険な空き家で、緊急性の高いものから補助を行います。)

 注意事項 :この受付は、空家除却補助の対象となるかどうかの事前調査申込です。

注意事項

 跡地利用 :除却後1年間は土地の譲渡、貸与、住宅等の建築ができません。

 固定資産税 :空家を除却することで、土地の固定資産税が増額になる場合があります。

手続きについて

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)