ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

環境にやさしい車が走っています

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月15日更新

使用済み天ぷら油から作ったバイオディーゼルで走る車

 市内の給食センターや小中学校から出る使用済みの天ぷら油を回収し、(株)東燃(西条市石延)のご協力を得て、代替軽油(バイオディーゼル:BDF:Bio Diesel Fuel)を精製しています。
 月平均1000リットルを公共施設から提供し、道前クリーンセンターの構内のフォークリフト等、学校給食センター(丹原2台)の配送車、移動図書館カワセミ号で使用しています。

道前クリーンセンターフォークリフトの写真
道前クリーンセンター
学校給食センターの配送車の写真
学校給食センター
移動図書館カワセミ号の写真
移動図書館カワセミ号

 植物からできている天ぷら油を原料として作られたBDFは、使用しても地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を排出しないとされています。植物は成長の過程で二酸化炭素を吸収するため、それが元の大気中に戻ったと考えるからです(カーボンニュートラルといいます)。
 また、BDFは軽油に比べ酸性雨や光化学スモッグの原因となる硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)の排出を押さえることができ、黒煙濃度も低くなっているため、私たちの体にもやさしい燃料です。
 欠点は排気ガスが天ぷら油のにおいがするので、苦手な人は気になるかもしれません。

 市内の事業所では一般家庭やお店の使用済み天ぷら油も回収しています。
 詳しくは各事業所へお問い合わせください。

事業所所在地電話番号
(株)東燃西条市石延4-50898-66-1004
(有)イトウ運送
(BDF事業のページへリンク)
西条市古川乙148-10897-56-9230