ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 観光スポット > 博物館・資料館 > 【11月23日~25日】 伊予西条鉄道フェスタ2018を開催します!

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


【11月23日~25日】 伊予西条鉄道フェスタ2018を開催します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月6日更新

 伊予西条駅に隣接する鉄道歴史パーク in SAIJOでは、11月23日(金曜・祝日)から25日(日曜日)の3日間にかけて「伊予西条鉄道フェスタ2018」を開催します。

 鉄道のまち“西条”の魅力を知っていただき、四国の鉄道や文化に関心と理解を深めていただける、さまざまな楽しい鉄道イベントを実施します。多数の皆さまのご来場をお待ちしています。

伊予西条鉄道フェスタ2018のイベント一覧

各イベント名をクリックすると、詳しい内容に移動します。
イベント名内容開催日
特別公開「おさんぽなんよ」車両展示見学会南予キャラクター列車「おさんぽなんよ」の車内外を特別公開します。11月23日(金曜・祝日)
「おさんぽなんよ」乗車会&鉄道教室

「おさんぽなんよ」に乗って市内各駅を巡る車内鉄道教室
※申込者数が定員に達したため、申込受付を締め切りました。

11月24日(土曜日)
ミニSL乗車会総延長235メートルの8の字コースを周回するミニSL乗車会11月25日(日曜日)
僕の私の鉄道玩具「プラレール」運転会特設レールで、マイプラレールを走らせてみよう!11月23日(金曜・祝日)
11月24日(土曜日)
駅前マルシェ地元産品のフードコーナー、お土産販売、新潟市新津鉄道資料館「新潟市物産展」、日本貨物鉄道株式会社「JR貨物ブース」11月25日(日曜日)
その他のイベント南館展示車両「フリーゲージトレイン」の車内公開(11月24日のみ)
北館展示車両「DF50」・南館展示車両「DE10」エンジンルーム公開
期間中

注意事項

※ 各イベントは、天候などで中止または内容・時間などを変更する場合があります。
※ 参加人数によっては、長時間お待ちいただく場合、人数制限をかけさせていただく場合があります。特に11月25日開催の「ミニSL乗車会」は、毎回行列ができる大人気イベントです。
※ 「ミニSL乗車会」の開催中は、四国鉄道文化館南館の駐車場を閉鎖します。
※ 駐車場には限りがあり、大変混雑する場合があります。路上駐車や近隣店舗等への無断駐車は固くお断りします。

伊予西条鉄道フェスタ2018のチラシ

伊予西条鉄道フェスタ2018チラシの画像

伊予西条鉄道フェスタ2018のチラシ [PDFファイル/3.49MB]

【11月23日】 特別公開「おさんぽなんよ」車両展示見学会

おさんぽなんよの画像

 南予キャラクター列車「おさんぽなんよ」の車内外を特別公開します。「おさんぽなんよ」は、キハ54形式気動車に愛媛県や南予各市町を代表するキャラクターなどをラッピングした車両です。

 みかん畑をイメージしたオレンジとグリーンのツートンカラーで、温暖な気候に育まれた人情味と、自然豊かな山と海に恵まれた風土を表現しています。車両の外観と出入口のまわりは、個性豊かなキャラクターたちで彩りつつ、客室全体はキャラクターの楽しさをスタイリッシュに演出する空間デザインとしています。

 「おさんぽなんよ」の展示にあわせて、保守用軌陸車の展示も行います。

日時

11月23日(金曜・祝日) 10時~15時30分

場所

伊予西条駅構内7番線(四国鉄道文化館南館前広場に見学用入口を設けます)

料金

四国鉄道文化館の入館料が必要

【11月24日】 「おさんぽなんよ」乗車会&鉄道教室  ※申込受付を締め切りました。

おさんぽなんよ画像

 「おさんぽなんよ」に乗って、伊予西条駅~伊予三芳駅間を走行する車内鉄道教室です。四国鉄道文化館の加藤圭哉館長が、西条市内の駅を巡りながら楽しい鉄道のお話しをします。

 教室は、午前の部と午後の部の2回に分けて実施します。参加には、十河信二記念館への事前申し込みが必要です。

日時

11月24日(土曜日)

午前の部:9時20分・十河信二記念館集合~11時30分・伊予西条駅解散

午後の部:13時30分・十河信二記念館集合~15時40分・伊予西条駅解散

場所

十河信二記念館に集合後、伊予西条駅~伊予三芳駅間を「おさんぽなんよ」で往復走行

料金

中学生以上500円、小学生200円、未就学児は無料

※小学生以下は、保護者同伴でご参加ください。

定員

総数80人(午前・午後各40人)

参加申し込み方法

十河信二記念館(電話番号0897-47-3855)で、先着順にて申し込みを受け付けます。

参加希望者の住所、氏名、年齢、電話番号、参加希望時間帯(午前・午後の別)をお伝えください。

申込期限 11月16日(金曜日)
※定員になり次第、申込受付を終了いたします。あらかじめご了承ください。
※申込者数が定員に達したため、申込受付を締め切りました。

【11月25日】 ミニSL乗車会

ミニSL乗車会の画像

 本物そっくりのミニSL・ミニ列車に乗って、総延長235メートルの8の字コースを周回します。当日は、5編成の列車が来場予定! かっこいいミニSL・ミニ列車たちに会いに来てください。

日時

11月25日(日曜日)  午前の部:10時~12時  午後の部:13時~15時  ※雨天中止

場所

四国鉄道文化館南館前広場

※ ミニSL乗車会の開催中は、四国鉄道文化館南館の駐車場を閉鎖します。

料金

1回100円  ※未就学児は無料ですが、保護者の有料での同伴が必要です。

【11月23日・24日】 僕の私の鉄道玩具「プラレール」運転会

鉄道玩具プラレールの画像

プラレールロゴの画像

株式会社タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」の特設レールを四国鉄道文化館北館に設置します。
特設レールの延長は、約100メートルを予定。長大なレールで、自分のプラレールを思う存分走らせてみよう!

日時

11月23日(金曜・祝日)・24日(土曜日)  午前の部:10時~12時  午後の部:13時~15時

場所

四国鉄道文化館北館

料金

四国鉄道文化館の入館料が必要

参加に必要なもの

プラレールの車両、走行用の乾電池

※ ご自分で所有するプラレール車両と走行用の乾電池をお持ちいただいた方のみ参加できます。車両貸出や乾電池の販売は行いませんのでご了承ください。
※ 参加される方は、当日に会場での受付をお願いいたします。
※ 事故防止のため、保護者同伴(2人1組)でご参加ください。

【11月25日】 駅前マルシェ

 市内事業者等の協力による一押しの“うまいもの”やお土産品の物販コーナー。姉妹館・新潟市新津鉄道資料館による新潟市物産展や、日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)による特設ブースもやってきます!

日時

11月25日(日曜日) 10時~15時
※販売品等がなくなり次第、終了します。あらかじめご了承ください。

場所

四国鉄道文化館南館前広場

姉妹館・新潟市新津鉄道資料館「新潟市物産展」のご案内

昨年実施の新潟市物産展の画像

日本一の米どころ新潟のお米や、現地でしか買えない特産品・お土産品を多数取りそろえて限定販売します。

※ 上記の写真は、昨年の鉄道フェスタに出店した「新潟市物産展」の様子です。出品内容は、昨年と異なる場合があります。また、品数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。

【新津鉄道資料館と四国鉄道文化館は、姉妹館協定を締結しています】
 新津鉄道資料館(にいつてつどうしりょうかん)は、新潟市秋葉区に所在する鉄道保存展示施設です。200系新幹線やC57形19号蒸気機関車など実車6両のほか、新潟・新津ゆかりの鉄道資料約800点を保存・展示しています。2015年7月20日に四国鉄道文化館との姉妹館協定を締結し、相互の鉄道文化発信や地域活性化に向けて交流を進めています。

新潟市新津鉄道資料館のホームページ

新津鉄道資料館の画像
新津鉄道資料館の展示車両「200系新幹線」と「SL C57 19」

日本貨物鉄道株式会社「JR貨物ブース」のご案内

JR貨物のクイズ問題にチャレンジ!

JR貨物ガイドブックの画像

クイズに答えた正解者に、先着でJR貨物のオリジナルグッズを差し上げます。
貨物列車の仕事や役割が分かる「JR貨物まるごとガイドブック」も数量限定で無料配布します。

クイズのテーマ:どうして鉄道貨物輸送を利用すると地球環境にやさしいの!

JR貨物オリジナルグッズの画像

※ 上記の写真は、出品を予定しているオリジナルグッズの一例です。都合により、出品内容が変更になる場合があります。また、品数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。

このほか、先着90人を対象にダッチングマシン(日付印字器)を使った記念切符づくりと、その切符切りの体験コーナーもあります。(体験料:お一人様200円)

貨物販売コーナー

貨物販売コーナーでは、次の商品を販売します。

<貨物販売コーナーの商品>
商品名価格(税込み)商品写真
2018 JR貨物時刻表(平成30年3月ダイヤ改正)2,500円JR貨物時刻表の画像
JR貨物列車カレンダー 20191,000円JR貨物列車カレンダーの画像

日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)のホームページ

予讃線を通過するJR貨物列車の画像
予讃線を通過するJR貨物の列車風景

その他のイベント

【11月24日】 「フリーゲージトレイン」車内特別公開

フリーゲージトレインの車内外画像

 フリーゲージトレインは、新幹線の標準軌と在来線の狭軌との直通運転を可能とするため、車輪の幅を軌間に合わせて自動的に変換する電車です。南館の展示車両は、2007年に製造された第2次試験車「GCT01-201」です。

 普段は立ち入ることのできないフリーゲージトレインの車内を公開し、パネル等で軌間変換の仕組みなどをご紹介します。

日時 11月24日(土曜日) 10時~15時

場所 四国鉄道文化館南館前広場

料金 無料

【11月23日~25日】 北館展示車両「DF50」・南館展示車両「DE10」エンジンルーム公開

北館展示車両DF50と南館展示車両DE10の画像

 北館の展示車両「DF50形ディーゼル機関車1号機」、南館の展示車両「DE10形ディーゼル機関車1号機」のエンジンルームを公開します。

日時 11月23日(金曜・祝日)~25日(日曜日) 9時~18時(入館は17時30分まで)

場所 四国鉄道文化館北館・南館

料金 四国鉄道文化館の入館料が必要

お問い合わせ先

鉄道歴史パーク in SAIJO「四国鉄道文化館北館・南館、十河信二記念館、観光交流センター」

電話:0897-47-3855(十河信二記念館)

開館時間 9時~18時(入館は17時30分まで)

休館日 水曜日(水曜日が祝日の場合は開館し、翌平日に休館)
※ 観光交流センターは年中無休。

住所 〒793-0030 西条市大町798-1

鉄道歴史パーク in SAIJOのホームページ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)