ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「丹原秋まつり」の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月2日更新

丹原地区の秋祭りをご紹介します。

いよ小松まつり | 西条まつり | 東予秋まつり

丹原秋まつりの写真1枚目丹原秋まつりの写真2枚目

丹原秋まつりの写真3枚目丹原秋まつりの写真4枚目

丹原秋まつり統一かきくらべ

日時 10月15日 午後6時より
場所 丹原公民館前駐車場

 太鼓ドンとなりゃ心もおどる。だんじり4台とみこし2台が集結し、かきくらべを行います。100個の提灯に浮かぶ優美な姿を、ご覧ください。

丹原かきくらべ01

丹原かきくらべ02

丹原地区秋祭り統一行動

日時 10月16日 午後3時より(雨天中止)
場所 丹原小学校
主催 丹原地区愛護班・丹原公民館

 丹原地区愛護班・丹原公民館主催で秋祭り統一行動を行っています。当日は各地区より、子ども太鼓台・みこしなどが一同に集結し盛大に実施されます。

綾延神社殿中奴 (あやのべじんじゃでんちゅうやっこ)

10月の第3日曜日とその前日に行われる綾延神社の秋祭りは、市の無形民俗文化財に指定されている『松下流殿中奴』です。
参勤交代の様子を再現したもので、奴道中が挟箱を先頭に薙刀、大鳥毛・小鳥毛・熊毛槍がお旅所まで神輿を先導します。奴と神輿が進路(進行)をめぐって小競り合いを繰り返す喧嘩奴で知られています。

動画:西条秋まつり/丹原 綾延神社殿中奴(2014年撮影) (3分26秒)

綾延神社01

綾延神社02

綾延神社03

磐根神社毛槍投げ奴 (いわねじんじゃけやりなげやっこ)

 10月の第3日曜日に行われる磐根神社の秋祭りは、市の無形民俗文化財に指定されている『赤坂流道中投奴行列』です。
 江戸時代に始まったとされ、先頭は舞獅子で、その後「奴行列」が続きます。奴の先頭は、おはこ、なぎなたで、続いて投げ奴が垂直に立った毛槍を宙に投げ飛ばしながら進みます。厳かな中にも緊張感が漂う華麗なお祭りです。

動画:西条秋まつり/丹原 磐根神社毛槍投げ奴(2014年撮影) (3分23秒)

毛槍投げ奴01

毛槍投げ奴02

毛槍投げ奴03