ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 西条市からのお知らせ > プレスリリース > プレスリリース:ICTを活用した排水機場水位監視の追加実験を始めました

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


プレスリリース:ICTを活用した排水機場水位監視の追加実験を始めました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月25日更新

西条市では、情報通信技術(ICT)を活用した街づくりを進めるため「スマートシティ構築トライアル事業」に取り組んでいます。

その事業の一環として、株式会社STNetと協力し、「水位センサー等を活用したIoT実験」を進めておりますが、新たに、排水機場ポンプの稼働状況の確認を行うために、エッジコンピューティング※1による画像処理を用いた実験を開始しました。

※1: 測定の対象に近い機器で必要なデータ処理を行い、上位システムの負荷軽減や通信遅延を解消する方法のひとつ。エッジ処理とも呼ばれる。


水位遠隔監視のしくみ

実験機器構成図

追加実験概要

この実験は、エッジコンピューティングを用いることで、既設のアナログ計器や機器操作盤の表示等の画像を処理した結果をデジタル数値化し、小容量のデータに置き換えたうえで、LPWA※2を用いた伝送を行い、低コストで排水機場等の遠隔監視・可視化を実現するものです。

なお、実験の実施に当たっては、本市が実験のフィールドを提供し、株式会社 STNetが実験の構成機器の設置等を行っています。

※2: LPWAとは「Low Power Wide Area」の略。少ない消費電力で遠距離通信を実現する無線通信技術の総称。

 

実験対象個所

○加茂川左岸排水機場

実験対象個所位置図 [PDFファイル/1.78MB]

実験協力相手

株式会社STNet 取締役社長 溝渕俊寛(香川県高松市)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)