ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 小学校・中学校 > 人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業(2年目成果報告書が完成しました!)

人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業(2年目成果報告書が完成しました!)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月8日更新

事業の概要

 西条市では、文部科学省委託事業「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」に取り組んでいます。

 この事業は、小規模校の教育の質の維持向上を図るため、各教室に設置された電子黒板類に加え、お互いの学校の教室に大型スクリーンとテレビ会議システムを設置し、合同で授業を行うといったものです。

 この事業により、複式学級の解消はもとより、小規模校の子どもたちは多様な意見に触れ、学びあうことができるようになり、子どもたちの社会性・多様性・表現力を育むことができるといった利点があります。

 また、同じ中学校へ進学する子どもたちを小学校の時期に早期に繋げることで、中学校へ進学する際の不安が解消され、希望と期待を持って進学ができるなど、中1ギャップへの対応策にもなり得るものと考えているところです。

 本事業は、田滝小学校・田野小学校・徳田小学校の3校を実証校とし、また同じ中学校区域にある丹原小学校・丹原東中学校を連携校として位置付け、5校で実施することとしています。小規模校の教育の質の維持向上のみならず、過疎に悩む全国の地域にとっても大きな可能性を秘めたものとして期待が寄せられていますので、どうかご期待ください。

遠隔合同授業の様子

 実証校と連携校

事業コンセプト

 事業コンセプト 

最近の取り組み

人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業研究発表大会のご案内(第1次案内) [PDFファイル/173KB]

成果報告書

成果報告書抜粋

成果報告書(2年目) [PDFファイル/2.87MB]

成果報告書(1年目) [PDFファイル/2.77MB] 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)