ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 四国経済を牽引する総合6次産業都市 > 関係事業者が経済産業省の地域資源活用ネットワーク構築事業に採択されました
紹介動画へのリンク
総合6次産業都市とは
実現をめざす3つの機能
施策News
事業・イベント情報
総合6次産業都市推進会議

関係事業者が経済産業省の地域資源活用ネットワーク構築事業に採択されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月2日更新

「農・商工・観光産業をつなげる総合6次産業ネットワークの構築」が採択されました

 本日、経済産業省から平成26年度「地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域資源活用ネットワーク構築事業(地域資源活用ネットワーク形成発展事業))」の交付先の公募結果が発表され、関係事業者が申請した「農・商工・観光産業をつなげる総合6次産業ネットワークの構築」が採択されました。

 今回の事業では、新たに整備が予定されるサンライズ西条加工センターのカット野菜工場を中心に、四国内外における川下(販売先)と川上(生産現場)ネットワーク構築が図られ、地域に対して更なる経済効果が創出されることが期待されます。

採択を受けた事業概要

(1) 事業名称
農・商工・観光産業をつなげる総合6次産業ネットワークの構築

(2) 事業実施主体
株式会社サンライズ西条加工センター、株式会社伊予銀行、株式会社愛媛銀行、株式会社産業情報支援センター

(3) 事業概要
新たに整備が予定されるサンライズ西条加工センターのカット野菜工場を中心に、川下側(販売先)では主に近畿・中国・九州地方を中心とするネットワークを構築し、川上側(生産現場)では主に四国内を中心とするネットワークを構築する。

地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域資源活用ネットワーク構築事業)とは

(1) 補助金の趣旨
地方自治体の行政区域をまたがる地域経済社会(広域経済圏)において、交流人口の増大や消費・投資の活性化を図るため、異分野の関係者からなるネットワークを形成し、地域の特色ある自然、歴史文化、町並み、生活様式、農林水産物、食文化、地場産品、伝統技術等の地域資源を活用した新たなビジネスモデルの構築を行うことを目的とするもの。

(2) 採択件数
全国16件(申請数89件)

(3) 採択事業一覧(経済産業省発表資料)
採択事業一覧 [PDFファイル/73KB]