ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 四国経済を牽引する総合6次産業都市
紹介動画へのリンク
総合6次産業都市とは
実現をめざす3つの機能
施策News
事業・イベント情報
総合6次産業都市推進会議

四国経済を牽引する総合6次産業都市~西条市

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月23日更新

《総合6次産業都市の事業イメージ》総合6次産業都市イメージ

四国経済を牽引する総合6次産業都市~西条市

西条市オリジナルの考え方
 「総合6次産業都市」は、農産物の生産、加工、流通などの機能を集積化し、地域に根ざした新たな雇用を創出すると共に、その経済効果を西条市のみならず四国地域に波及させようとする西条市オリジナルの考え方です。

販売先や消費者のニーズを重視
 平成14年度に「総合6次産業」を提唱して以来、販売先や消費者ニーズを生産現場に還元する「マーケットインの仕組み」を基本的な考え方に、独自の都市づくりを推進してきました。

全国から注目を集めるプロジェクトへ
 現在、西条市の取組は「農業界と経済界の連携プロジェクト」として注目を集めているほか、「産(産業)・学(教育研究機関)・官(行政)・金(金融機関)の連携プロジェクト」としても注目を集めています。