ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 水の歴史館 > 水の歴史館 ミネラルウォーターってどんな水

水の歴史館 ミネラルウォーターってどんな水

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月15日更新
ライン

ミネラルウォーターってどんな水

 水道水がおいしくないと言われ、注目されているのがミネラルウォーター。カルキ臭くない、味もいいと生活必需品になり、ファッションやダイエット、健康などの重要なアイテムとして、国内生産量も輸入量も増えています。

ミネラルウォーターの輸入量と国内生産量の推移
(注)国内生産量は日本ミネラルウォーター協会資料による
<東京税関資料から抜粋>

 ミネラルとはカルシウム、マグネシウムをはじめナトリウム、カリウム、塩素、リン、硫黄(以上を生体必須ミネラルという)の他、亜鉛、鉄、銅、マンガン、コバルト、クロム、ヨウ素、モリブデン、セレン(以上を生体必須微量元素という)等の総称です。おいしい水にはこれらが適度に含まれています。
 ミネラル分の濃度や量については特に規制されていません。
 平成2年(1990)に農林水産省が定めたガイドラインによれば、「ミネラルウォーター類」と呼ばれる水は、原料によって4種類に分けられています。

ナチュラルウォーター特定水源から採水した地下水。
濾過、沈殿、過熱殺菌に限り処理して良い。
ナチュラルミネラルウォーターナチュラルウォーターのうち無機塩類が溶解したもの。
ミネラルウォーターナチュラルウォーターを原料とし、混合したりミネラル分を調整したもの。
ボトルドウォーター飲用に適した水をつめたもの。

ライン

お問合せ ・ご意見は・・・
西条市役所 環境衛生課
〒793-8601 愛媛県西条市明屋敷164番地
Tel:0897(56)5151(内線2444) Fax:0897(52)1200
Mail:kankyoeisei@saijo-city.jp